グッピーの活かし方と殺し方。

植物に関してもいきものに関しても無知の自分が最近ブロッコリーの植物係になったんだけど、2週間位前に買ってきたグッピーが毎日のように死んじゃうもんだから、いきものががりのまこちゃんにお願いして、グッピーだけ担当させてもらう事にしてもらった。

そのきっかけは専門学校の同級生のけいたってやつと飲んだ時。

けいたは青山にある有名サロン【BEACH】の店長やってて、顔がすごい濃くて情熱がすごいあって今も昔も髪のクセがすごいんじゃ。
ちなみに奥さんめっちゃ美人。


初めはお互いの近況報告とか、いかにも美容師がしそうな話をわいわい話してたんだけど、途中から癒しの話になって、けいたがアクアリウムニストだった事が分かって毎日グッピーが死んじゃうことを相談してみたら
水草がどーとかアンモニアがとか砂がどーとかバクテリアの事とか。
要するにそれぞれ役割がちゃんとあってどれか1つでも機能してなかったらダメだって。

サロンでゆったら

「髪を切る人がいて、それを掃く人がいて、それを最後にまとめて捨てる人もいて、他にも色々あるけどどれか1つでも疎かになったらいいヘアスタイルがつくれないじゃん。
そういうこと」

ってめっちゃ分かりやすく、情熱的に教えてくれた。いいこと言う。

改めて1つ1つの仕事の大切さ、それをやってくれてる人に対しての感謝の気持ちを思い直すことが出来た。


例えばカフェに行ったとしてコーヒーを飲めるのは自分がお金を払ってるから飲めるんじゃなくて、豆を作ってる人。焙煎する人。コーヒーを淹れる人。その他にもたくさんの人達のおかげで今そこでコーヒーが飲めててその人達に感謝する。仕事に大小はなくて、どんな事でも手を抜かず誇りをもってやって、
どんな仕事にも感謝するって事にもあてはまると思う。
そう思えてどっかお店に行った方が気持ち良く過ごせるし楽しい時間になると思うしね。
あたりまえの事だけど思えてない時も多い。

その次の日早速水槽をキレイにしてグッピーをルンルンで買いに行って
(もう死なせないからな)
って誓って水槽に入れた。


今朝1匹死んだ。
(もう死なせないからね)

髪のクセの活かし方と殺し方は何でも聞いて。
f:id:yukke5882:20160516123642j:image


接客はしないお客様はいない美容室
Broccoli playhair
03-3461-1919 
渋谷区恵比寿西1-30-16 オアシス代官山2F
Broccoli2 shibuya 
03-6277-5720
渋谷区桜丘町7-12 野村ビル2F
11:00〜21:00  火、第三水曜定休